2015
08.17

「Jealousy 」 あとがき

Category: あとがき
やーっっっっと更新できましたっ!!!


前回の更新がお正月、SSに至っては去年の10月以来…あぁ~、月1更新なんて夢のまた夢やった(涙)そして10ヶ月ぶりのSSがR-18という、下衆な管理人…。けれど戻ってこれて嬉しいです!( ̄^ ̄)ゞ


更新が滞っている間も拍手を下さった方々がいらっしゃって…とても励まされました。過去全てのSSに拍手をいただいたりもして、皆様本当にありがとうございます♡♡♡


今後も遅いペースではありますが、更新は続けていきます。長編もなんですけど、中途半端に書いた数々のSSを1つ1つ皆様にお届けしたいと思っているので、どうぞこれからも宜しくお願い致します!(>_<)
Comment:2  Trackback:0
2014
10.18

「香り立つ金木犀」 あとがき

Category: あとがき
ふー、今月も何とか更新できました(^^;

先月も季節ものSSを書こうとしていたものの、「As King, As Queen」を仕上げて力尽きてしまい、9月10月合同のような内容になっちゃいました。あぁ~、許して下さい

毎年金木犀が咲いては気付くと散ってしまっている儚さを盛り込んでみたつもりなんですが、結局いつもと同じラブラブな2人というオチですね(笑)悲しい・切ない終わり方の作品はとても書けないので、変化をつけるならば「発熱」のようなギャグになっちゃうなぁ…と思っている管理人です。


例年になく、寒いぐらいの気温になっていますが、皆様どうか風邪など召されませぬように。
ではまた(^^)

Comment:0  Trackback:0
2014
09.14

「As King, As Queen」 あとがき&お礼

Category: あとがき
あぁ~、1か月ぶりの更新になっちゃいました(><)この1ヶ月の間にもポチポチと拍手を下さった方、本当にありがとうございます。
さて、今回は(も?)リディアを骨の髄まで愛してるエッジに仕上がりました。次回の更新こそはエッジ好き好きなリディアを書きたいです(笑)


まだまだ新しい仕事は慣れないことが多くて、帰りの電車ではほぼ毎日爆睡している管理人ですが、今後も月に1度は何らかの更新は続けますっ!!!なのでお付き合いいただけたらとっても嬉しいです~♡♡


以下、お礼文です。


♡9/2に20も拍手を下さった方へ♡

私のエジリディSS、お気に召したようで嬉しいです~♡ラブラブ系ばっかりであまり変化球がない作風ですが、これからもぜひ弊ブログに立ち寄って下さいね!

♡履歴書の書き方の見本 様♡(サイト訪問しましたが、コメント欄らしきものを発見できず、こちらでのコメントで失礼します。)

コメントありがとうございます!三室戸寺の魅力が伝わったようで何よりです(^^)あの記事は当ブログの主旨とは異なる記事ではありましたが、今後もおすすめの寺社仏閣を紹介する機会はあるかと思いますので、またよかったら覗きに来て下さいね♪



それでは皆様、また次回☆
Comment:0  Trackback:0
2014
08.18

「夕涼み」 あとがき

Category: あとがき
「夕涼み」、いかがだったでしょうか?前回の季節ものSSと違って、まともな涼しさをお届けしました 笑
そして定番のリディアLOVEなエッジに仕上がりました( ̄▽ ̄)


先月末から新しい仕事が始まった管理人ですが、仕事しながらのSS更新はなかなかに大変だと思い知りました(*_*)今後は月に一度の季節ものSSは最低でも仕上げるペースにしようかな…と考えてます。あ、もちろん時系列になってるTA後エジリディSSも創作していくつもりです。


そして昨夜はSSをUPしたところで力尽きてしまい、あとがきは明日(今日)書こうと思っていたら、今の時点ですでにSSに拍手を下さった方々がいて…ほんっとーーーにありがとうございますっ!!!(>_<)完全に私の自己満の世界だというのにお付き合い下さって、すごくすごく嬉しいですよ〜♡♡♡これからもよろしくお願いします!!!



お盆が終わり、今日から仕事だという方は多いんじゃないでしょうか。管理人も今日から仕事で、朝起きるのが辛かったです(^_^;)まだまだ暑い日が続きますが、皆様どうぞご自愛下さいませ☆
Comment:0  Trackback:0
2014
07.27

「きもだめし」 あとがき

Category: あとがき
今回も私のエジリディSSを読んで下さり、ありがとうございます。過去に投稿したSSに拍手を下さった方、本当に嬉しいです!ありがとうございますっ♡


お館様、呪われちゃったようです(笑)そしてもちろん、この話は次回へは続きません(笑)


この季節ものSS、今まで花を題材にしてきたのでちょっと変化球が欲しいなぁと思った結果がこのストーリーでした。実は最初は火の玉が呪いじゃなくて、エッジとリディアに何か愛の記念品のようなものを残して消えていく…という流れにしようかと思ったのですが、ここ数日の猛暑で涼しさが欲しいという管理人の執念が勝ってしまったようですf^^;


日本全国、猛暑に見舞われていますが、皆様どうぞお身体にはお気を付け下さいませ☆またのご来訪、お待ちしてます
Comment:0  Trackback:0
2014
07.20

「微睡む」 あとがき

Category: あとがき
エジリディ、執務室でラブラブしちゃいました(笑)しかも見られてるし(笑)


いつもSS書くと長くなってしまいがちな管理人ですが、今回の短編を書いてみて「やればできる!」という自信がつきました♪まぁ、だから何やねんって話ですが…。f^^;今までに思いついた、2人がとにかくいちゃつくだけのストーリー性があまりないSSは今後もUP予定ですので、どうぞよろしくお願いいたします♡


ではでは☆
Comment:1  Trackback:0
2014
07.12

「Share with Me」 あとがき

Category: あとがき
あぁ~、またしても長くなってしまいました。読んで下さった方、本当にお疲れ様でした(^^;


今回のSSの発端になったのは私の好きなFF8の挿入歌、「Eyes on Me」の歌詞の後半の一部です。


愛する男性と嬉しいことも辛いことも分け合いたい、そんな一途な想いを綴った歌詞です。

「忍びの妻」で、リディアと夫婦として苦楽を共にすることの大切さを感じ始めたエッジですが、やはりまだエブラーナ国王として、リディアを愛する夫として彼女に辛い思いはさせまいという気持ちが先行してしまう不器用さ。そして何とかして彼に寄り添いたいリディアをこの歌詞のように表現したいと思い、こういう仕上がりになりました。あ、もちろんこのコンセプトが感じ取れない!と思われたなら、それは私の文章のセンスのなさに起因します

今回もご来訪ありがとうございました(^^)ぜひまた遊びに来て下さいね♪

Comment:0  Trackback:0
2014
06.26

「Hydrangeas at Dusk」 あとがき

Category: あとがき
季節ものエジリディSS第3弾、いかがだったでしょうか?このシリーズ、ほのぼのラブラブをコンセプトにしてるんですけど、かなりねちゃねちゃラブラブな方向に走っちゃったなぁと書いた後で感じました(笑)


ちなみに今回のストーリーのモデルになったのは、京都の宇治市にある三室戸寺です。紫陽花と蓮で全国的に有名なようですね(^^)ハート型に咲く紫陽花があるって、いつか新聞に載ったりもしてました。私は数年前に1度行ったことがあり、先週友人を誘って行ってきました。すーっごく見応えありますよ!


そしてJR宇治駅から徒歩2分程のところには、宇治抹茶スイーツの有名なお店もあります。また別記事に日記として写真などをUPするので、良かったら京都観光の際の参考になさって下さい*\(^o^)/*


それでは、またのご来訪をお待ちしています( ´ ▽ ` )ノ
Comment:0  Trackback:0
2014
06.07

「発熱」 あとがき

Category: あとがき
「発熱」、いかがだったでしょうか?実はこのSS、母が風邪をひいてるのを見て思いついたストーリーなんです。あ、母は座薬使ってませんよ(笑)エッジは風邪ひかなさそうですけど、健康に自信がある人ほど体調を崩す時はそりゃもうひどいという私の偏見に基づき、こういうことになりました( ̄▽ ̄)そしてこういう話が浮かぶのもエッジだからこそ!と思うのは私だけでしょうか?だってセシルやカインじゃこんなネタ、とても書けません(笑)


ストーリー中のエッジのセリフ、「嬉しいなぁ~」が、また志村けんみたいやなぁ…と書いた後で気付いた管理人。関西人なのでどうしても笑いに走りたくなるんです!(言い訳)そしてエロじゃなかったらギャグかよ!というツッコミも大いにありうる私のSSですが、また遊びに来て下さると嬉しいです(^^)
Comment:1  Trackback:0
2014
05.31

「Rose Garden」 あとがき

Category: あとがき
季節ものエジリディ第2弾、いかがだったでしょうか?ただのラブラブエジリディじゃなくて、ちょっとひねった内容にしようと思ってこういうストーリーになったんですが、結局ベタですねf^_^;


春バラを題材にしようと思ったのは、大阪の中之島公園のバラ園に友人と行ってきたのがきっかけなんです。それでもってクイーンエリザベスとか、プリンセスアイコとか、時の女王様や内親王様の名前がついてるバラもたくさんあって、これはぜひリディアの名前のバラを登場させよう!と思っていたらなんとイザヨイバラというバラも咲いていてそれとの絡みを入れたいと思ったわけです。(イザヨイバラは実在します!)


スウィート・リディアがなぜサーモンピンクかというと、見たバラの中で管理人が1番気に入ったフランス産のバラがその色だったからです( ̄▽ ̄)





ちなみに本数による花言葉ですが、

3本=「愛しています」
7本=「密かな愛」
99本=「永遠の愛」または「ずっと一緒にいよう」
108本=「結婚して下さい」


だそうです!何万種類もあるというバラにはそれぞれ花言葉があるんですが、本数によって花言葉が変わるなんて、花の王様ならではの貫禄ですね~。



以下、コメントへのお礼です☆


♡甘夏様♡

さっそくのお返事ありがとうございます!しかも初心者の私のサイトをブックマークしていただいてたなんて嬉しい限りです(*^^*)そして私のSSが甘夏様のBlogを立ち上げるきっかけの一部分になっていたこともすごーく嬉しいです!!本当、エジリディって素敵なカップリングですよね。色んな妄想が絶えません(笑)ちなみに私のSS、R-18ものが半分程を占めているのは、最初に読んだエジリディSSがそういう内容で、すんごくドキドキしちゃったからなんですよ☆健全エジリディ好きの方には目の毒以外の何でもないんですが、きっと需要があるはず!と信じていた私の勘は正しかったです( ̄▽ ̄)またそちらへ遊びに行かせて下さい♪



それでは皆様、またのご来訪をお待ちしております(^^)
Comment:0  Trackback:0
2014
05.23

「饅頭怖い!?」 あとがき

Category: あとがき
ごちそうさまなラブラブエジリディに仕上がりました(笑)自分で書いといて何ですが、読み返すとお腹いっぱいです



おやつのことで喧嘩するのは、エッジとリディアのカップルならではかなぁと。もしセシルとローザだったら、こうはならないでしょうしねちなみにタイトルは、落語の定番の「饅頭怖い」をそのまんま使いました。友人が饅頭怖いの英語バージョンを演じていたんですが、面白くて印象に残っていたもので(^.^)



うーん、それにしてもエジリディは妄想が止まらない…。稚拙な作品ばっかりですが、これからも新しいSSをUPしますので、またのご来訪お待ちしてます
Comment:0  Trackback:0
2014
05.19

「忍びの妻」 あとがき

Category: あとがき
うーん、またしても長くなってしまいました読んでいただいた方、お疲れ様でした


忍びの一族の長としてのエッジと、リディアにメロメロな夫であるエッジを書いてみたいと思って出来たのが今回の作品なんですが、うまく表現できているのかどうか


きっとFF4本編後のエッジだったら、何でもリディアの言いなりになってそうだなぁと思うのですが、TAでは年を重ねてエブラーナ国王としての威厳が見て取れる大人の男性になってたし、リディアを守るためなら必要に応じて叱ったりするんじゃないかというのが私のイメージです。結局リディア大好きなのは変わりませんけどね



実は風呂場のシーンも書いてあったのですが、エロ度が高めになってしまい、前回もエロだったので割愛しました(笑)



それでは皆様、また次回






Comment:0  Trackback:0
2014
05.12

「愛しくて…」 あとがき

Category: あとがき
今回もリディア好き好きなエッジに仕上がりました


そしてエロ続きになってしまいまして、健全なエジリディ好きの方、ほんっとすいません


この生理からの…ってパターン、書いてみたかったんですそして実は割と前から出来上がってたという、管理人の品位が疑われる事実ですね



今回もお読みいただき、ありがとうございました
Comment:0  Trackback:0
2014
05.07

「Before Her Period」 あとがき

Category: あとがき
どうあってもリディアが大好きなお館様を書いてみたわけなんですが、いかがだったでしょうか?もっとコンパクトな内容にするつもりだったのですが、意外に長くなってしまいました…。


女性がどうしようもない理由で機嫌が悪くなっちゃって喧嘩になる、という夫婦・カップルの話をヒントに今回のストーリーが出来上がったんですけど、きっとエッジなら理解して受け入れてくれそうだなぁという私のイメージが大きく反映された感じですね。



よく見たら、寝室でのエッジの登場の仕方が完全に志村けんの変なおじさんコントとかぶってるやん…と書いた後で気付いた管理人です(笑)関西人は無意識にお笑い要素を入れたくなる習性があるってことなんですよ♪(←はい、言い訳です)


ここまで読んでいただき、ありがとうございました(^^)またのご来訪、お待ちしております。
Comment:2  Trackback:0
2014
04.29

「Full Moon in Late Autumn」 あとがき

Category: あとがき
リディアが好きで好きで仕方なくて、情けない姿を見せてしまったお館様でしたが、いかがだったでしょうか?


エッジは10数年もの間リディア一筋だったわけですが、その間きっと気持ちが折れてしまうことや、彼女を好きでいることが辛いことがあったと思うんです。ミストの復興の事があって、リディアが最後の召喚士だっていう事実のせいで、無理に自分の気持ちを押し付けられなかったでしょうしね…。

長い間そんな生活を送ってきたらそう簡単には忘れることはできないかもしれないし、何よりエッジはリディアが好きすぎて自分の気持ちよりも彼女を優先しちゃうし失いたくないだろうし、その気持ちを表すストーリーにしたいなぁと思って出来上がったのが今回の作品です。ま、結局エロになってしまいましたけど(苦笑)


私はアラサ―独女ですが、もし結婚したら一緒に生活していくわけだし、相手の弱みも受け入れないといけないんだろうなっていう自分の考えも反映された気がします。もちろん、そのためには相手のことが好きで、信頼していることが必要になってくるんだと思います。エッジとリディアなら長い付き合いだし、信頼関係はできあがってるだろうからこういうことがあっても大丈夫だろうという管理人の勝手な見解ではありますが…。


ではまた次回(^^)
Comment:0  Trackback:0
2014
04.21

「夜の八重桜」 あとがき

Category: あとがき
季節もののエジリディ、いかがだったでしょうか?完全にベタなラブラブエジリディに仕上がりましたが(笑)


季節ものだけに、もっと情緒的な文章を書けたらなぁ…としみじみ思いました。八重桜ってソメイヨシノと同格の、春の代名詞だというのに、本当稚拙な文章になっちゃって、まだまだだなぁと反省ばかりですどうやら季節がどうのって言うよりも、ラブラブな2人を書きたかっただけかもですが


もう桜の季節も終わりですね。今後も季節に応じたエジリディSSにもチャレンジしていこうと思います。エブラーナって、きっと日本と同じような感じの国ですもんね次はツツジか紫陽花かな?



ではでは皆様、また次回(^^)






Comment:0  Trackback:0
2014
04.08

「誓い」 あとがき

Category: あとがき
「誓い」、いかがでしたでしょうか?

ベタな感じの話ですが、たまにはまともな話も書いてみたいなと思いまして(笑)

iPhoneでTAをプレーした時、エッジの両親の墓はエブラーナの洞窟の中にあって、墓参りも一苦労だなぁ…と思ったのを思い出し、今回のストーリーの核が浮かび上がったんです。それでもって、エッジは何でも1人で抱えちゃうし、自分の事でリディアには気を遣わせたくないところが見受けられるし、そのへんを取り入れました。

自分の死後なんて、縁起が悪いという方もいらっしゃるでしょうが、私は昨年、家族を失う危機を体験し、もし最悪の事態になった場合、残された者として今後どうしていくべきかを真剣に考えました。幸い今は元気にしていますが、生きていても死んだとしても、家族として心は一緒にいることって、自分も相手もすごく幸せなことなんだって実感しました。書き終わってから振り返ると、そのへんが今回のストーリーに反映されたのかなぁと思いました。


っと、つらつらと暗い話ですいません…。また新しい話が出来上がってきてるので、その内アップします!

ではでは(^-^)
Comment:0  Trackback:0
2014
03.30

「君は僕だけのもの」 あとがき

Category: あとがき
TA後エジリディss第3弾、いかがだったでしょうか?

TAを初めてプレーした時から、リディアのあのきわどい衣装はどういう事になってるんだと思ってたんですよね…。エッジはリディアの事が真剣に好きなわけだし、あんな露出狂のような恰好は見ていて気が気でなかったでしょう。しかもあれは明らかにノーブラだし、リディアは何の悪気もないだろうし(^^;)エッジは結婚したからにはもう他の男に取られたくない!という独占欲が湧くに違いないと思い、それを描きたいと思った結果、浮かんだのがこのストーリーでした。

ただエッジも基本エロキャラだし、そこはうまく取り入れつつ…と思ったらエロ要素が入ってしまいました。
すいませんすいません!!

それにしても、私の頭に浮かんでくるシチュエーションって、エロ系が多くて困ってます…。18禁のカテゴリーでも作るべきなのでしょうか(苦笑)


ではでは皆様、また次の機会に(^^)

Comment:0  Trackback:0
2014
03.25

「The First Time」 あとがき

Category: あとがき
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
03.23

「初夜」 あとがき

Category: あとがき
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
web拍手 by FC2